NEWS&BLOG

“ARPENTEUR” SS20 COLLECTION

MENS |

 

雨降りの月曜。先月末より土日の休業が決まってから暫く平日出勤が続いておりますが、週初めの雨がこんなにもやる気を欠乏させるものとは。先週の方が酷かったですが。
さて、雨の日ということで「水」関連。ブランドに属性を振るのなら「水タイプ」のイメージに強い「ARPENTEUR」。完全に私観です。とは言ってもブランドカラーの「ブルー」、フレンチカジュアル=マリン(海)と明確な要素あり。でもまぁ、こんな状況でなければ考えもしないことですが。

各種別注は先にBLOGを更新いたしました。下記にリンクを貼っておきますね。
別注ばかりでなくインラインの方もしっかりとご用意しておりますので、本日はそちらのご紹介。


ATELIER COAT / 50,000YEN (EX-TAX)
COL:SAND / NAVY
SIZE:S / M

SAFARI SHIRT / 40,000YEN (EX-TAX)
COL:SAND / NAVY
SIZE:M / L

LATERAL VEST / 28,000YEN (EX-TAX)
COL:SAND / NAVY
SIZE:M / L

“SAFARI” がテーマの今季は、言うまでもなくサファリの要素を生地や色彩、ディテールに盛り込んでいる印象を受けます。
コース料理であればメインディッシュと呼べるこの3型はすべて共生地で、シャリ感のあるコットン生地を使用。例えるなら70~80年代頃のL.L.BEANのサファリジャケットのような質感。新品時の艶っぽさが初々しくてこれはこれで良いですが、この手の生地は色のフェードだったりパッカリング等の経年変化が真骨頂だと思ってます。なのでガシガシ着込みましょう。デザインにしても “彼ら” らしさ全開です。初見の方には斬新なベストに映るかもですが、このウエストドローコードなんてシグネチャーのようなものです。個人的にはSAFARI SHIRT。もはやフードジャケットですが、裾のラウンドカットだったり胸ポケットのマチだったりディテール萌えするイチオシな逸品。
後ほどスタイリングを載せますので、着用時のシルエットなどに注目して見てください。

MATCH T-SHIRT / 12,000YEN (EX-TAX)
COL:3 COLORS
SIZE:M / L

定番の「MATCH」はボーダーTシャツ。シーズン毎に配色はもちろんボーダーのピッチも変わります。
今季は計3色ご用意いたしました。カラバリはお手数ですがオンラインストアよりお確かめください。(下記にリンクあります)
ボーダーTEEと言えば「子供っぽさ」「田舎臭さ」が懸念されるカテゴリーの代表といっても過言ではないですが、MATCHは配色・生地・サイズと三者のバランスが良いので、それらの既定概念を払拭できるでしょう。
まず配色は見ての通りセンスが抜群。そして生地は肉厚なのに柔軟性のあるコットン地。繰り返しタフに着用したとて、シワやヨレを気にすることなくトライ可能。それでもってサイズ感は一枚で着るにしろインナーに回すにしろ丁度良い。
長くなりましたが、そんな感じです。文字よりも実物の方が数百倍伝わるのですが、この状況ですので。
無地Tばかりでなく柄物やプリントも着ましょう。


PARABOOT for ARPENTEUR も良い仕上がりです。
スタッフ宮地(173cm 60kg)の着用。サイズはまちまちですので、着用サイズ記載のオンラインストアよりお確かめください。

“THE STORE BY MAIDENS“ ←リンクよりアクセス出来ます。

各種お問い合わせは下記より承っております。
(店頭は平日アポイントのみでのご対応となります)

☎:03-5410-6686
✉:shop@maiden.jp

今週も毎日の更新に努めますので、在宅の際にでも是非チェックしてみてください。
それでは!

MAIDENS SHOP 田中

2020/04/20

line