NEWS&BLOG

“HERILL” -KNIT WEAR COLLECTION SPRING&SUMMER 2020-

MENS |

 

柄にもなく次回予告なんてするものだから、少し間が空いてしまいました。もうしません。
さて、HERILLのご紹介です。これにて今季のオーダー品番はすべてお披露目する形となりますが、最後に(良い意味で)厄介なのが残りました。”KNIT WEAR COLLECTION” と勝手に冠して計2型ございます。

RAMIE HIGHGAUGE CREWNECK / 38,000YEN (EX-TAX)
COL:BLUE / BEIGE / BLACK
SIZE:2 / 3

上質なラミー(麻)を使用したハイゲージのクルーネックニットから。
どのくらい上質かって、シルクに負けず劣らずな光沢と滑らかな肌触りがすべてを物語っています。透け感はレイヤードを促すための敢えての取り組みで、合わせるインナーによって表情が変わってゆくのは言うまでもなく。上記の着用は白Tで我を抑えてますが、例えばタイダイとか面白いかなと。このシースルー具合であれば一目瞭然ですが、真夏以外は着用可能でしょう。ラミーは吸水・速乾性に優れていて、ひんやり涼しいのも実用的で嬉しい。
で、サイズはヘリルらしくボディからアームまでゆとりを持たせたパターン。対して袖口・裾のリブが強くタイトに備えられているので、着用時のシルエットのコントラストに何とも言えない古臭さを感じる。(リブの長さも相まっている)
これがいわゆるヘリルなシルエット。袖口の生地の溜まり具合とか堪らない。単にヴィンテージからインスパイアされるだけでなく、ヘリルのフィルターを確実に通した感。とは言え、博識なデザイナーでなければここまで辿り着くことはない。流石は大島さんです。
話が逸れましたが、着用時の心地良さったら生地だけではないのです。この作りにも要因ありってところ。これは是非袖を通していただきたい。

SILK POLO / 43,000YEN (EX-TAX)
COL:MILK TEE / BLACK
SIZE:2 / 3

フィナーレです。シルクのニットポロ。多くを語る必要を感じさせないほど見た目が美しい。
ちゃんと書きます。
贅沢にシルクの生糸を使用しておりますが、コチラも以前ご紹介した「Legend Silk Twill」や「Parachyute Silk Cross」のように日本の重鎮とも言うべく職人さんの手により生地に仕上げられています。繊細かつ目の詰まった編地故の極上な滑らかさと軽さは、これこそ他の追随を許さない。袖付けの縫製なんて仕様と言えば仕様ですが、デザインとも捉えることの出来る “均一な” 美しさ。
ミルクティーとブラックとでそれぞれボタンに白蝶貝・黒蝶貝と使い分けているのも良い。どこぞのデザイナーズと見紛うほどソリッドなニュアンス。前立てのトップに細やかながらループボタンが付いているのもポイント。
ボディとリブの関係性で言うとラミークルーネックとほぼ同様。ボンッときてキュッと締まるシルエット。サイズ感自体はひと回りほど小さく収まりますが、半袖のニットポロとしては至極優秀なサイジングです。

結論みたいにまとめる気はないですが、個人としては圧倒的にSILK POLO推し。ニットポロが好きなだけです。少しでも気になったらば、おうち時間に下記リンクよりチェックしてみてください。前回のBLOGも貼っておきます。

“THE STORE BY MAIDENS“
(ONLINE STORE)

☎:03-5410-6686
✉:shop@maiden.jp

MAIDENS SHOP 田中

2020/04/28

line