NEWS&BLOG

“JAN MACHENHAUER” AW19 COLLECTION START

MENS |

 

「JAN MACHENHAUER / ヤンマッケンハウアー」は、シーズン問わず着用でき、且つ男性のワードローブに必要不可欠な “シャツ” に特化したコンセプチュアルなブランドです。
昨季は確か2,3型のみの展開で、至極少数精鋭のスタイル。もちろん今季も健在ですが、少し型数が増えました。

まだブランドのことは周知ではないと思いますので、知らんよ~って方は下記リンクよりご確認ください。

同じこと書いてますけど、JAN MACHENHAUER のシャツは兎にも角にもシルエットが綺麗。で、心地の良いドレープが生まれます。着る人の好みでサイズが選べるあたり、すごく秀逸(ジャストで着る or 大きめに着るetc…)

今季は新型・シーズンカラーを含む、3型×3色でお取り扱いしておりますので、お気に入りの一枚が見つかると思います。

CHRIS / 30,000YEN (EX-TAX)
COL:WHITE
SIZE:46 / 48 / 50

CHRIS / 30,000YEN (EX-TAX)
COL:INK
SIZE:46 / 48 / 50

CHRIS / 30,000YEN (EX-TAX)
COL:HAZEL
SIZE:46 / 48 / 50

“CHRIS” は、定番のレギュラーカラーシャツ。裾はラウンド、胸ポケットが付く仕様。
袖やシームはすべて「袋縫い」、袖先には立体感を生む為の独特なタックが入ります。
されど袋縫いと言いますか、高度な技術を要する上に非常に手間の掛かるこの縫製は、インドはデリーの熟練のテーラーたちが担っています。非常に綺麗な縫製です。
パターンはもちろんですが、袋縫いを用いることで更に膨らみのあるシルエットを構築しているのです。もちろん見た目は「無駄がなく美しい」ので、北欧人が好みそうなシャツでもあります。

で、”INK” (チャコール) と “HAZEL” (ブラウン系) がシーズンカラー。
「水彩画の具」から表現される色彩はどれも淡く、オリジナルのコットンポプリン生地との相性が抜群です。
なお、昨季はこの “CHRIS”  のみ当店では展開しておりました。

RAN / 30,000YEN (EX-TAX)
COL:WHITE
SIZE:48 / 50

RAN / 30,000YEN (EX-TAX)
COL:INK
SIZE:48 / 50

RAN / 30,000YEN (EX-TAX)
COL:HAZEL
SIZE:48 / 50

“RAN” は初のお披露目でしょう。”CHRIS” のバンドカラーverとお考えください。
上記した仕様はすべて同様で、サイズ感も個体差はあれど ほとんど変わりません。
幸か不幸か、選択肢があるということで悩ましい一枚ですね。相談乗りますよ。
バンドカラーシャツ愛好家の私としては即決の一枚です。

ZENO / 36,000YEN (EX-TAX)
COL:WHITE
SIZE:48 / 50

ZENO / 36,000YEN (EX-TAX)
COL:INK
SIZE:48 / 50

ZENO / 36,000YEN (EX-TAX)
COL:HAZEL
SIZE:48 / 50

こちらが新型となる “ZENO” です。「龍頭戯画」ですね。(スルーしてください)
サファリをテーマに、まさにサファリシャツとしてデザインされた “ZENO” は、従来のモデルとは異なるアプローチです。
まず縫製。袋縫いが主流の同ブランドですが、”ZENO” に関しては敢えてステッチをシングルで走らせています。
パッカリング(洗濯を繰り返すことでステッチ部にアタリが出る)まで想定してのステッチワークですので、これだけクリアな表情のサファリシャツとて、経年変化込みでデザインされているということです。
ヤレたポプリンの生地けっこう好きなんですよね~。クタクタなのにハリがあると言うか。パッカリングも強めに出ますし。
で、次にサイズ感。シャツはシャツですが、シャツJKTっぽく着用できるパターンになっております。いわゆる、ボックスシルエット気味な。これはこれで融通が利くので一枚あると便利です。とは言え、かなり身幅が広い訳ではないので、AWとして提案するのであればモックネックのTEEをインナーにジャケットを羽織る。がリアルかもしれません。
最後は気になるウエストのドローコード。ループをボタンに引っ掛けるタイプなので絞れる度合いに限度はありますが、何はともあれシルエットで遊べるTHE・サファリなディテール。
新品だと着やすさを考慮してココを省くブランドが多いなか、大変有難いデザインであったと思います。(まあ無くても良いですが)
“CHRIS”・”RAN” とはサイズ感が異なりますので、こちらは是非店頭でトライしてみてください。

180cm 65kg / “CHRIS” サイズ48着用

180cm 65kg / “ZENO” サイズ50着用

酷なくらい暑いですけど、今日ご紹介させていただいたシャツたちは即戦力かと。室内はどこもキンキンに冷えてますから。
上記しましたが、綿100%のポプリン地はシーズン問わず着用可能です。
言わば、AWのデリバリーと言いつつも季節感はあまり感じられませんが、気分だけでも次シーズンを立ち上げるのも悪くないでしょう。
ゆくゆくは定番的な立ち位置になるシャツですから、あまり日の目を浴びていないうちに是非お試しください。

ONLINE STORE』掲載しております。

MAIDENS SHOP 田中

2019/08/04

line