NEWS&BLOG

NEW ARRIVAL EURO VINTAGE DEADSTOCK ITEM

MENS |

久しく雨という雨に降られていなかったので、よっぽどマイナスな天候に思えてしまいます。
さて、昨日に引き続き、大量入荷しました DEADSTOCK アイテムをご紹介致します。
USミリタリーに呼応するかの様なタイミングで、ユーロミリタリーをいくつかピックアップ。

60’s SWEDISH ARMY MOTERCYCLE JKT / 29,800YEN (EX-TAX)

その希少性から、探している方も多いであろう60年代のスウェーデン軍モーターサイクルジャケット。
特徴的なフロントデザインは、もといオートバイ乗車時に身動きが取りやすいようにと、防寒のための設計になっています。(これは実物みて確認してください)
このジャケットがボア素材のライナー装着仕様になっているのは、恐らく北欧という土地柄からでしょう。
米軍物とは異なり、シェルのボディも厚く粗いダック地のファブリックを使用しています。ライナーの重厚感も相まって秋冬ムード強め。
なお、ライナーは着脱可能。身幅・アームはともにボリュームのあるライナー分のマチをとった設計なので、シェルのみで着用するとたっぷり目のシルエットになり、それがまた良好。
着用時は引き算で。敢えてキレイ目なニットやボトムスに落とし込むと◎です。
数枚まとまって入荷しましたが、現在は61年製・62年製のストックが一枚ずつのみとなりますので、気になる方はお早めにどうぞ。(サイズはともに「C52」表記。実寸で着丈67cm・身幅78cmのL~XL程度のサイズ感)

90’s UK ROYAL NAVY TACTICAL VEST / 7,000YEN (EX-TAX)

UK ROYAL NAVY のタクティカルベストは極少量の入荷。
同国のARMY(陸軍)モデル(迷彩色)と比べると、ほとんど市場に出回らない逸品です。
簡素な作りながらも、軍に納品されるだけあって趣向の凝らされたディテールが多く、最近ではこのデザインを元ネタにサンプリングしているデザイナーも増えたようです。
興味深いディテールを挙げるならば、至る所にベルクロが使用されている点と(ウエスト部は身幅の調節を可能に)、ボディが二重仕立てになっており一面がポケットとして機能する点でしょう。ネック部にぐるっと1周ジッパーを走らせており、そこがポケットの入り口となっているギミックに注目です。
使う使わないは別にして、プロダクトとして面白い機能的な逸品。
前回のヨーロッパ出張の際に買い付けた無名のアウトドアベスト然り、簡素でも作り込まれている系ベストには目がない事に気付く。

60’s AUSTRALIAN ARMY GURKHA PANTS / 15,800YEN (EX-TAX)

オーストラリア軍のグルカパンツは久しぶりの入荷。62年~66年製のデッドを数本ストックしております。
サイズ表記はすべて “19” 、実寸で30~32インチ程。(もちろんウエストは調節可なので、実寸はご参考までに)

40’s~50’s FRENCH ARMY M47 TROUSERS / 16,800YEN (EX-TAX)

FRENCH ARMY M47トラウザー・前期モデル。説明不要の名作。
サイズ表記 “35” のデカめサイズオンリー。デッドストックのコンデションなので乾燥機でがっつり縮めるか、ベルトでギュッと締めて穿くか。
後期(ヘリンボーンツイル/トップボタン1つ)は未だしも、前期モデルのデッドは枯渇状態のようです。

90’s FRENCH ARMY TRAINER / 12,800YEN (EX-TAX)

90年代頃のフランス軍のトレーニングシューズもまとまって入荷。
通称「フレンチトレーナー」と呼ばれるこちらは、スエード・ナイロン・メッシュによる異素材のコンビネーションと、独特の切り替えパターンが特徴で、
ミリタリーシューズらしからぬ好配色のものが多い。履いていることを忘れてしまうほど軽く、疲れ知らずな一足です。
サイズは、「40 / 41 / 42」 1点1点の配色が微妙に異なるので、店頭で見て比べて下さい。

70’s FRENCH ARMY BOOTS / 25,000YEN (EX-TAX)

最後は、滅多に市場に出回らない希少なフランス軍のサイドジップブーツです。
今回の入荷では、70年代のHARDRIGE(ハードリッジ)製が3足(すべてサイズ41)のみ。※ご紹介前に1足出ました。
HARDRIGEは、古くからフランス軍靴の生産を請け負い、その頑丈な作りと美しいフォルムから、当時は軍より莫大な信頼を得ていた老舗シューメーカーです。
画像に写っておりませんが、ライニングにボアが付く仕様となっており、アウトソールには厚手のラバーを配していることから、寒冷地へ遠征する部隊用と推測されます。詳細は不明ですが。
これとまったく同じ形状でPARABOOT製のもの(同年代)を見かけたことがありますが、時代や製造された工場によって型も仕様も決まっているのでしょう。
かなりボリューミーなので着用の際はボトムスを選びますが、秋冬のアウター陣とは相性が良さそうです。と同時にコレクタブルな逸品でもありますね。

 

以上になります。
ご紹介した商品のオンライン掲載は予定しておりませんが、
通販は可能ですので、ご希望の方は下記よりお問合せください。
✉:shop@maiden.jp
☎:03-5410-6686

他にも良質な古着がたくさん入荷しております。
新品と合わせて是非ご覧ください。

MAIDENS SHOP 田中

2018/11/06

line