NEWS&BLOG

NEW ARRIVAL “FIRST DAY OF ISSUE AW18”

MENS |

こんにちは。高橋です。

本日は、当店で初めて取り扱う “FIRST DAY OF ISSUE ”というブランドの紹介になります。

まずは簡単なブランド説明から。

【FIRST DAY OF ISSUE 】

ドイツのデザイナーFRANK LEDERが手掛けるTシャツとスウェットのコレクションです。

この“FIRST DAY OF ISSUE”とは郵便局で、特定の重要な日や事柄を記念して発行された封筒・切手に、その発行日の消

印が押されているもののことを言います。

FRANK LEDERの拘りと上質なファブリック使用し、プリントはヴィンテージのポストカードや切手が施されています。

 

当店ではパーカーとスウェットの2型をピックアップしました。写真をご覧ください。

 

DEUTSCHLEDER EDITION STYLE 12  (Grey/ Black) / 39,000YEN (EX-TAX)

 

 

 

 

 

目の詰まったコットンスウェット生地にグラフィックのスクリーンプリントに加え切手をオリジナルサイズで

熱転写プリントしたものの2種類のプリントを施しております。サイズ感も程よくアウターのインナーにも

使用可能で、使い勝手はかなりよさそうです。ポケット部分にはDEUTSCHLEDERを使用しています。

この“DEUTSCHLEDER”とは「ジャーマンレザー(ドイツの革)」とも呼ばれるヘビーウェイトのコットンモール

スキン生地のことです。FRANK LEDERではこの生地を様々なアイテムに使用しています。

 

お次はスウェットの写真です。

 

DEUTSCHLEDER EDITION STYLE 10 (Grey/ Black) / 39,000YEN (EX-TAX)

 

 

 

 

 

 

パーカーとサイズ感は似ており、程よくゆとりのあるシルエットでタイトすぎず、緩すぎないシルエットです。

DEUTSCHLEDERもしっかりアクセントになっています。

写真では分かり難いのですが、サイドシームにポケットが付いており、携帯やタバコ位でしたら入れる事ができます。

また、最後の写真は全てのアイテムに付いており生地もジャーマンレザーとベットリネンで作られています。

この形は中世ヨーロッパの郵便制度で一般的であった“POST ROLL”がベースとなっています。

 

スタイリングも組みましたので、ご覧ください。

 

 

 

 

 

 

コーディネートのパンツは両方USEDでFIRST DAY OF ISSUEとの相性も良かったです。

着用サイズはパーカー、スウェット共にLサイズで上記でも述べたように、良いサイズ感でパンツのボリュームは

選ばないと思います。パーカーの方がやや身幅が細い作りになっています。

DEUTSCHLEDERの生地とスウェットの生地のバランス感、プリントの表情を店頭で感じて頂けたらと思います。

 

ご紹介は以上になります。

また、オンラインストア に詳細を記載しておりますので、是非ご利用ください。

ご来店の際は暑さにはお気をつけて下さい。

ご来店お待ちしております。

 

MAIDENS SHOP 高橋

2018/08/04

line