NEWS&BLOG

NEW ARRIVAL “STUDIO NICHOLSON 18AW COLLECTION”

MENS |

本日は、当店で今季からスタートするブランドの紹介になります。

【STUDIO NICHOLSON(スタジオ・ニコルソン)】

デザイナーはニック・ウェイクマン(Nick Wakeman)が手掛ける、イギリスのファッションブランド。
2010年にデビューし、紳士服独特のドレッシーさやシルエットなど、メンズ的要素をコレクションに落とし込み、現代の女性に向けてクリーン且つ上品なワードローブを提案してきました。
ウィメンズから始まったスタジオ ニコルソンが、2017年秋冬コレクションより本格的にメンズ展開をスタート。
Charlie Mellor(チャーリー・メラー)をプロダクトデザイナーとして招きました。

 

 

 

 

こちらは今季のルックの抜粋になります。全ルックはファッションプレスに掲載されています。

下記がURLになるので気になる方はご覧下さい。

https://www.fashion-press.net/collections/8910

 

当店ではコート、シャツ、パンツの3型の入荷になります。

写真をご覧下さい。

COTTON POPLIN MEN’S SIDE POCKET SHIRT (White) / 39,000YEN (EX-TAX)

ITALIAN STRIPE MEN’S SIDE POCKET SHIRT (Blue) / 41,000YEN (EX-TAX)

 

 

シャツは、ホワイトとブルーストライプの2色。

ホワイトカラーの素材には程よいハリと柔らかさを併せ持つコットンポプリンを使用。滑らかな光沢感のある表情は見た目にも美しく、サラッと肌に馴染みます。

ブルーストライプはイタリアンファブリックを使用しており、カッティング、カラーリングから上品な印象を与えてくれます。ポケットは横から入れるタイプで、程よい抜け感を作り出しています。

 

WOOL TWILL MENS SUEDEHAD SLACK (Conker) / 49,000YEN (EX-TAX)

 

 

ウエストサイドにアジャスターを設け、着用時の腰回りのラインはスッキリとした印象になります。

また、後ろのダーツを長めに取り、存在感ある大きさのヒップポケット位置をやや下方向に設置してあります。レングスはやや短めに設定されていて絶妙なレングスに仕上がっています。

素材はやや起毛のかかった肉厚なウールツイル。乾いたテクスチャー、カラーがSTUDIO NICHOLSONらしいアイテムです。ワイドストレートを探しているお客様にはオススメの一本です。

 

 VENTILE MENS VOLUME GABERDINE  (Taupe) / 140,000YEN (EX-TAX)

 

 

ベンタイルクロスを使用したオーバーサイズのステンカラーコート。

ネック部分はスタンドカラーにもできる変形のチンストラップ付き。ボタンの比翼仕立ての仕様やパッチタイプの

ポケットではなく、サイドシームにポケットが付いている等、ミニマルな印象です。

M65パーカのような袖のダーツとカフスも特徴的で、着用した際にアームが立体的なシルエットになります。

サイズ、カラー、素材、全てにおいてSTUDIO NICHOLSONの真骨頂ともいえるアイテムだと思います。お値段は少々します

が、それだけの価値は十二分にあると思います。ぜひ店頭でお試し下さい。

 

以上がSTUDIO NICHOLSONの紹介になります。

実は、まだ入荷していないコートがあり、そちらは近日中に入荷すると思いますので、もう少々お待ちください。

 

ONLINE STORE に掲載しております。詳しい写真などはコチラからご確認ください。

皆さまのご来店をお待ちしております。

MAIDENS SHOP 高橋

2018/10/29

line