NEWS&BLOG

NEW BRAND “SEEALL”

MENS |

今シーズンよりスタートしたブランド【SEEALL】
入荷は8月初旬からございましたが、秋~冬にかけて着たくなる商品中心の展開だった故、残暑オブ残暑残暑でご紹介するタイミング逸しておりました。

やっとこさ涼しくなってきましたので、ブランドのあれこれとともに商品をご紹介させて頂きます。
まずはブランドの概要に関して。

【SEEALL / シーオール】
イタリアのカジュアルウエアブランド、”MAISON FLANEUR (メゾンフラネール)” の立ち上げに参加し、デザイナー兼クリエイティブディレクターとして活躍してきた瀬川誠人氏が、よりコンセプチュアルなディレクションを目指し、19AWより新たに立ち上げた “SEEALL / シーオール”
イギリス・イタリアにて様々な経験を積んだ瀬川氏は、世界の職人の技術の継承と再解釈、あらゆるサブカルチャーから着想を得たユニバーサルなもの作りと、その先にある本質的な服のリアリティーを追求しています。

-すべての製品は、世界中から厳選された上質な素材と、世界各国で職人が培ってきたクラフトマンシップの融合により生み出されます。ニットや生地、色に見られる製品のムラは、ハンドメイドの技術と特別な素材感の表れです。愛用する時間とともに、美しく変化して身体に馴染んでいく、そして世代を超えて受け継がれていく、そんな “もの作り” を目指しています。

実はメゾンフラネールの展示会にも行ったことがありまして、その時は隣店さんとの兼ね合いやらなんやらで取り扱い断念していたのですが、
縁あってSEEALLの1stシーズンからお取り組みをさせていただくことになりました。

なんといっても第一印象は国内のブランドとは思えない、良い意味でのクセ。
デザイナー瀬川氏がイタリアで経験してきたクリエイティブな感性と、日本人らしいモノ作りへの真摯な姿勢が単なるドメスティックブランドとは違う絶妙なクセを生み出しているように感じます。

この秋冬のコレクションはOrnette ColemanやThe Style Councilなどのミュージシャン、ベルギーの詩人であるMarcel Broodthaers、彫刻家のRichard Serra、写真家のAnnie Leibovitz、Marianne Brandtそして1937年に公開されたアメリカの映画【暗黒街の弾痕】などからインスピレーションを得て組み立てられております。

全体をひとつのテーマで構築するのではなく、瀬川氏がデザインを組み立てる上で直感的に得たインスピレーションの源がそれらであり、まさにデザイナーというところ。
本人からそう聞いたわけじゃないので憶測ですが、僕の想像するデザイナーっていうのはインスピレーションは様々でもそれを一つのコレクションに構築できるてことだと思ってます。
なのでこの解釈であってると思います。

ここまで聞くと瀬川氏が気難しいTHEデザイナーみたいな方と想像すると思います。僕もお会いするまでそう思ってました。
が、会ってみると非常に気さくで、むしろ人間味あふれるというか、良い意味で豪快な方でとりあえず一緒に焼き鳥でも食べて話したいというのがお会いした感想です(謎)

とにかくデザイナー的な感性と、職人的なモノづくりへの真摯さ、そして人情溢れる人柄。
絶妙なバランスがコレクションにも反映されている。と勝手に感じております。

ということでコレクションを見てみましょう。

全スタイルは是非SEEALLのオフィシャルサイトでご覧ください。

続いて商品紹介いきます。長いです。疲れた方はここでいったん見るのをやめて、また明日続きからご覧ください。

今思ったんですが、ウェブページも本のしおり的なもの挟む的なことできたらいいですよね。
すでにあるのかな?まぁいいや。行きます。

SUEDE WORK JACKET / 138,000YEN(EX-TAX)
LEATHER CROPPED PANTS / 118,000YEN(EX-TAX)

まずは一番のおすすめ。ムートンのジャケットとパンツ。

SEEALLのレザー製品はイタリア国内で鞣された上質なレザーを使用し、イタリアのエミリア=ロマーニャ州にある革工房で熟練された職人の手によって、革の裁断から縫製まですべて工房内で作られています。工房内には革鑑定士を有し、その指導のもと工房ではレザーやファーアイテム以外の製品は生産されておらず、何世代にも渡って特化した製品のみを生産していることにより培われた最良品質の製品です。

皮革は自然のものであることから1枚1枚にそして部分部分で質の違いがあります。職人がその違いを皮革ごとに見極め、今もレザーナイフで手作業によって裁断しています。機械化が不可能で熟練した職人による目利きで品質が保持されています。

シルエットはジャケット、パンツともにゆったり目でレザーですが柔らかくリラックスして着用できます。

MAC JACKET / 57,000YEN(EX-TAX)
CROPPED SKATE PANTS / 39,000YEN(EX-TAX)
ZIP SOUTIEN COLLAR COAT / 74,000YEN(EX-TAX)

原毛そのままの無染色の生地が本当のキャメルの色の豊かさを表現したベビーキャメル100%の2/24 平織り生地を使用したジャケット、パンツ、コート。
外モンゴルに生息するフタコブラクダの毛を使用しその中でも、生後約2歳までに厳選したベビーキャメルの糸を使用している為、より柔らかく上質な肌触りです。キャメルの繊維は中空繊維なので吸湿と保温性に富んでいます。特に放湿性はウールの倍近くあり、蒸れにくい特徴があります。

上品な素材感ですが、各アイテムともにリラックスしたシルエット、特徴的なディテールがありきれいになりすぎないのが良い感じです。

ESSENTIAL SHIRT / 22,000YEN(EX-TAX)

インドの伝統的織物カディーを使用したシャツ。ランダムに入る凹凸感のある手仕事の温もりが感じられる素材です。
こちらはレギュラーシルエットで1枚でもジャケットのインナーでも使える汎用性の高い1枚。

SEAMLESS PANTS / 38,000YEN(EX-TAX)
MILITARY SHIRTS / 43,000YEN(EX-TAX)

しなやかさと光沢感が特徴的なロロピアーナ社製のウールを使用したベルテッドパンツとシャツジャケット。
パンツは長めのベルトが付属し、裾裏にはシルクの別生地があてられているのでロールアップしても良い感じです。

シャツは台襟だけ残したようなデザインになっており、生地はパンツと同じウールなのでジャケット感覚で着用できます。
エッセンシャルシャツと比べるとやや大きめのサイズ感です。

このほかに手織りのラグ生地を使用したコートも入荷予定です。
是非とも店頭でご覧ください。

ONLINE STOREでも掲載中ですので、こちらも合わせてどうぞ。

 

MAIDENS SHOP  平沢

2019/10/15

line