NEWS&BLOG

NICHOLAS DALEY “20AW COLLECTION-1st DELIVERY-“

MENS |

こんにちは。
宮地です。
本日はNICHOLAS DALEYの20AWの商品をご紹介いたします。
今シーズンのコレクション制作にあたり、インスピレーションソースとなったのが1970年代のブラックアブストラクトムーブメントと称される抽象表現主義を牽引したガイアナ生まれのイギリス人アーティスト「フランク・ボウリング」。アクリル絵の具を注ぐ様に描く、ポーリングと呼ばれる手法で様々なカラーをレイヤーした実験的な作品とファッションデザインを重ね合わせたそうです。

ランウェイ画像、一部抜粋しました。
オーダーしていない写真もございますが、そこはご愛嬌。
音楽もまた、ニコラスのコレクション制作において切り離せない要素となっており、実験的な音楽とステージにおける衣装で人々を魅了した「ジミ・ヘンドリクス」とフリージャズバンド「アート・アンサンブル・オブ・シカゴ」が今回のコレクションに多大なる影響を与えたそうです。
今回のコレクションタイトルはニコラスが敬愛するアメリカのジャズアーティスト「オリバー・ネルソン」のアルバムタイトル”The Blues and the Abstract Truth”より引用。

STANDARD SHIRT / 37,000yen(ex-tax)
Col : GREEN
Size : 38 / 40
LINK:WEB STORE

LOOKでもひと際目を惹く、全身オリーブのスタイリングにも使われているStandard Shirt。
艶やかなコットン × レーヨン混紡のサテン生地、カラーはGREEN一色のみでご用意。
白いパイピングが良いアクセントです。
秋冬のスタイリングの挿しにはもってこいな一枚。

ポケットがパイピング部分と2段構造。

173cm 60kg / サイズ40着用

僕でややゆったりなサイズ感です。
適度な厚みがあり、自然な落ち感が美しい。
袖の通りが良く、着心地も文句なし。
また、こういう生地でこのカラーリングのシャツはなかなか探して見つかる物でもないですよね。

DENIM TWO PLEAT TROUSER / 58,000yen(ex-tax)
Col : INDIGO
Size : 30 / 32
LINK:WEB STORE

ランウェイでも頻繁に使われていたのがこちら。
お馴染みのタック入りのパンツですが、今回は色味も生地もシンプルで普段着に落とし込みやすいです。
素材がやや硬めで立体的なシルエットを生みだします。
エッジの効いたニコラスデイリーのアイテムとあわせてもすんなりまとめてくれるこの一本はワードローブにあれば、まず一軍。
個人的にも非常にオススメな一本です。古着のスウェットとあわせたい。それもボロボロの。

173cm 60kg / サイズ30着用

個人的に欲しいモノでもございますので、もし残ってしまった暁には、僕が買ってしまうと思います。
そして、ジュート混の小物類も入荷しております。

ジュート素材だとクラフト感が増すという事もあって、我々的にはついつい仕入れちゃいます。

HAND KNITTED BERET / 28,000yen(ex-tax)
Col : GREEN×GOLD / BLACK×RED
Size : OS
LINK:WEB STORE

GREEN×GOLD

BLACK×RED

昨シーズンに引き続き、タムの様なニットベレー
今回は2色でご用意。派手過ぎないブラックとのバイカラーなのが好印象。
これなら様々なスタイリングで使えそう。

CROCHETTE NECK POUCH / 26,000yen(ex-tax)
Col : BLUE×BLACK / RED×GOLD
Size : OS
LINK:WEB STORE
BLUE×BLACK RED×GOLD

でっかいiPhoneがすっぽり入るサイズ、自転車乗る人にはちょうど良いサイズ感と紐の長さです。
若干コインの音が鳴るので、もし失くしてもすぐ気づくと思います。(笑)

HAND CROCHETTE CHOKER / 15,000yen(ex-tax)
Col : BLUE×BLACK / RED×GOLD
Size : OS
LINK:WEB STORE

BLUE×BLACK 

RED×GOLD

ウォレットチェーンですが、実は名前の通りチョーカーです。
もちろん、ウォレットチェーンとして使っていただいてもかまいません。

まず人と被らないので、唯一無二な小物をお探しの方は是非。

ブランドのフィロソフィーであるファッション、音楽。文化の融合を表現した今回のコレクション。
あくまでも、その中で普段着に落とし込みやすいアイテムピックをしておりますので、お好きな感じで楽しんでいただけたらと、思います。
実は既に2nd Deliveryも届いておりますので、それもまた改めてご紹介させていただきます。
早く見たい方は、店頭又はONLINE STOREにてご覧下さい。

“THE STORE BY MAIDENS“
(OUR ONLINE STORE)

☎:03-5410-6686
✉:shop@maiden.jp

MAIDENS SHOP 宮地

2020/09/03

2020/09/09

line