NEWS&BLOG

“MONAD LONDON” AUTUMN/WINTER 2020 -1st Delivery- ③

MENS |

 

AW20のオーダー分が出揃ったわけではございませんが、本日はMONADのスタイリングイメージをご紹介いたします。
※アウターやらツイードベストはもう直に届く予定です。確定ではないですが。2月も半ば。AWが完納してないとは、いかんのう。

LOOKはBLOG①、入荷内容はBLOG②よりご覧いただけます。
それでは早速。

LAMBERT SHIRT -Washed Silk- / 75,000YEN (EX-TAX)

ヌーディーなLAMBERT SHIRTがお気に入り。
洗いが掛けられたシルクは和紙のようでクシャっとした風合い。そして着ているのを忘れるくらい軽い。
ざっくばらんなサイジングだけど丁寧な仕立て故に野暮ったさとは無縁、どちらかと言えば洗練されている。
袖丈を気にされる方が多い印象だけど、古いディナーシャツをサンプリングした”デザイン”ということなのでご理解ください。薄い生地で嵩張りませんから、グッと捲ってしまいましょう。なんなら個人的に同型を別生地(リネン)で所持してますけど、オンシーズン中はハンギング時も袖は捲りっ放し。
それとヌーディーシャツとしてのポイントは「前立てのボタンを上下とも2つ目まで開けて着る」です。

LAMBERT SHIRT -Washed Silk- / 75,000YEN (EX-TAX)
WYSMAN PANT -Deadstock Wool Mix- / 72,000YEN (EX-TAX)
KASPER BUCKET HAT -Antique French Linen- / 28,000YEN (EX-TAX)

デッドストックウールのWYSMAN PANTは私も購入しました。ハンドメイド故の穿き心地の良さがとんでもない。着てるというより包まれてる感覚に近い。これが所謂MONAD LONDONのエッセンス。「袖を通した者のみぞ知る」着心地の良さ。これに尽きます。巷に出回っている服とは明確に違う。
WYSMAN PANTはベルトレスのサイドアジャスター仕様。ウエストは平置きで78cm~80cmとそこまで調節は効きませんので、ジャストないし腰穿きできる方へ推奨。ちなみにクロップド丈で股下からのレングスが65cmと短め。私物としてローテーション入りしてるから言えますが、腰穿きが丁度良いかもです。あ、実寸に関してはもちろん個体差がございます。1点1点がハンドメイドだから。記載したのは在庫分です。

WYSMAN PANT -Surplus Herringbone Wool Suiting- / 85,000YEN (EX-TAX)

LAMBERT SHIRT -Washed Silk- / 75,000YEN (EX-TAX)
WYSMAN PANT -Surplus Herringbone Wool Suiting- / 85,000YEN (EX-TAX)

虎視眈々と狙っていたスーツ地のWYSMAN PANTは先日SOLDとなりました。
ウール地を購入しておいて欲張りかって話だけど、これは何本でも欲しくなっちゃう。別生地でね。端的に申し上げると最高なんです。

LAMBERT SHIRT -Linen Shell, Cotton Lawn Lining- / 75,000YEN (EX-TAX)

ダブルフェイス(リネンシェル,裏地コットン)のLAMBERT SHIRTは羽織りで提案。
中に着込めるモノは限られるけど、一般的なシャツよりも生地に厚みがあるわ裏地が付いてるわで、是非レイヤードをお楽しみいただきたい。それこそシャツonシャツとかね。
ヴィンテージと見紛う粗野な質感のリネンですから、ガシガシ着込み洗濯しで、故意的に生地をクタらせたい。

McDONNELL OVERALLS -Surplus Linen Wool, Viscose Lining- / 95,000YEN (EX-TAX)

こちらのオーバーオールもSOLDです。思い返せばSS20も即完でした。既に名作の予感。
そして例に漏れず凄まじいディテールの応酬。素晴らしいのひと言に尽きる逸品。

LAMBERT SHIRT -Linen Shell, Cotton Lawn Lining- / 75,000YEN (EX-TAX)
McDONNELL OVERALLS -Surplus Linen Wool, Viscose Lining- / 95,000YEN (EX-TAX)
SOL BUCKET HAT -Antique Metis Linen, Black Hand Dyed- / 28,000YEN (EX-TAX)

そのオーバーオール主体のスタイリングでした。シームがないから真横と斜め後ろからのシルエットがスッキリ綺麗。
こうやって見るとLAMBERT SHIRTの羽織り使いのイメージは付きますでしょう。撮影時はインナーにカットソーしか着用しておりませんでしたが、ローゲージでなければニットも、リバースでなければスウェットも噛ませます。もちろん今時期はインナー使いで。汎用性というか遊び甲斐のある一枚であると言えるでしょ。限りなくシーズンレスに近い。

本日はこの辺で。
遅れている後納分が早く届くことを願いつつ、今日もMONADのラックをぼんやり眺めている私です。
通信販売をご希望の方がいらっしゃいましたら、下記よりお気軽にご連絡ください。

☎:03-5410-6686
✉:shop@maiden.jp

MAIDENS SHOP 田中

2021/02/14

line

LABELES