NEWS&BLOG

“TENDER Co.” TYPE 456 & TYPE 656″

MENS |

 

こんにちは。田中です。
ようやく納品されました。EU離脱に揺れる英国より、TENDER Co.
結局モノが良くて納得させられる節もあるので、もう生産タームは無視してください。
それでは早速。初見のベストからご紹介です。

TYPE 656 JANUS VEST / 47,000YEN (EX-TAX)
UNFINSHED COTTON MOLLETON – CORT WEIGHT
COL:INDIGO
SIZE:3 / 4

TYPE 656 JANUS VEST / 43,000YEN (EX-TAX)
UNFINSHED COTTON MOLLETON – CORT WEIGHT
COL:ECRU
SIZE:3 / 4

ウィリアム氏が考えるテンダーのベストは、ニットやジャケットの上からの着用を想定。故にネックやアームホールが独特な仕立てになります。
フロントポケットの構造は、中央にステッチを入れて2つに割っただけ。上部はチェストポケットとして、下部はハンドウォーマーポケットとして機能します。
で、がっつり銅ボタンを採用(リベットも)。なので、色移りします。緑青もやむを得ないでしょう。ですから、ECRUはそれすらもOKでないと正直あまり良い話ではない。ついでに、ボタンホールもそのうち逝きそうですが、プロダクトとして格好は良い。
もとい、生地含めて洋服の素材として普通なら選ばないものを実験的に使用している訳ですから、それを踏まえてテンダーの醍醐味ということでご理解ください。

生地は、UNFINSHED COTTON MOLLETON。
MOLLETON(=モレトン)とは、もともとスーツ生地をプレスするためのローラーに付いていた布。で、テンダー流にアレンジし、独特な起毛感を与えた生地が秋冬定番のコットンモレトンです。
今回は、UNFINSHEDという事で、モレトンが出来上がる前段階で加工を終えています。ムラのある起毛感と、デニムのような堅牢さが特徴的な生地に仕上がっています。
これから冬本番ってところですが、季節感度外視でデザインされていて、裏の付かない仕様。
なお、INDIGOはいつも通り後染めなので、ECRUよりワンサイズほど縮んでいます。

TYPE 456 JANUS SHIRT / 60,000YEN (EX-TAX)
UNFINSHED COTTON MOLLETON – CORT WEIGHT
COL:INDIGO
SIZE:4 / 5

TYPE 456 JANUS SHIRT / 43,000YEN (EX-TAX)
UNFINSHED COTTON MOLLETON – CORT WEIGHT
COL:ECRU
SIZE:4 / 5

ベストに袖と立ち襟を装着した意匠のジャケット。シャツ名義ですが、ベストと同生地のモレトンでオーダーしているので、ジャケットです。
気になるアームホールは、従来の武骨さとは異なるアプローチで、スッキリとした印象の太さ加減。これならアウターを羽織りやすい。ウィリアム氏も、最近は細身が気分な模様。
なお、前身頃のポケットのステッチ部に注目。ベストでは銅製のリベットを採用していたところ、TYPE 456ではカンヌキ仕様となっております。どちらにせよ強度は変わりませんので、気兼ねなく着ていただけますが、なぜ製法を変えたのかは疑問が残る。正直、リベットの方がくすぐるかな。
通年対応のジャケットとしてご用意致しましたので、サイズは4・5でオーダー。

 

TYPE 456 JANUS SHIRT / 42,000YEN (EX-TAX)
COTTON CIGAR POCKET HALF FLANNEL – SHIRT WEIGHT
COL:BLACK
SIZE:3 / 4

TYPE 456 JANUS SHIRT / 39,000YEN (EX-TAX)
COTTON CIGAR POCKET HALF FLANNEL – SHIRT WEIGHT
COL:ECRU
SIZE:3 / 4

ジャケットと同型で、シャツオンスの生地でもオーダー致しました。
ハーフフランネルコットンということで、裏起毛がかった(表地も僅かに起毛している)コットン生地を採用。
ちなみに、コットンというのもベースは平織りのキャリコ地。内側が起毛しているためか、通常のキャリコよりも波状にシワが走っている印象。
キャリコ×裏起毛って、文字だけでもすごく気持ち良さそうな生地ですけど、実物はその通りでグンバツに滑らかで柔らかい風合いです。
次いで、生地は洗いが掛けられておりますので、空気を孕んだかのようなラフな着心地に、それはもう感無量。(ジャケットのモレトンほど生地が縮んでいないので、サイズ感も相まっている)
書いてたら無性に欲しくなってきた。ありますよね~。
あと、久しくテンダーからBlackがリリースされました。染めではないので、それほど縮んでおりませんし、移染も気にならない筈ですので是非。

ハーフフランネルの生地アップ。
この時期にあまり手が伸びないかもですが、個人的にイチ押しさせていただきます。

とは言え、有難いことに早速何点か動いておりますので、テンダー好きの皆さまは年内集合で!
ちなみに今年は、12月26日(木)が最終営業日となります。あと1週間。

ONLINE STORE』 掲載しております。

MAIDENS SHOP 田中

2019/12/19

line