NEWS&BLOG

PARABOOT “PACIFIC”

MENS |

 

今年もサンダルを履き下ろしました。今日はそういう記念日。
例に漏れず、”DIMISSIANOS & MILLER” を購入した私の足は、初日にして満身創痍。終わりが見えない戦いの始まりです。
で、”JUTTA NEUMANN” やら、それ系のサンダルがヤケに多い今季ですが、もちろん、もう少しドレッシーな要素を含んだサンダルもご用意しております。
長いこと私自身のベストサンダルに鎮座している PARABOOT  は “PACIFIC” のご紹介です。

PACIFIC / 34,000YEN (EX-TAX)
COL:NOIR / VEG MARRON
SIZE:40 / 41 / 42

言わずと知れた、かと思いますが、ネパール戦争 (英・ネパール/グルカ戦争) の際、英国傭兵のネパール人兵士 (グルカ兵) が履いていた軍用靴が原型となり、現代版にアップデートさせた通称 “グルカサンダル”
今では市民権を得たデザインも、ルーツはミリタリーにあります。
“PACIFIC” のソールには、屈曲性に優れた自社生産によるラバーソールが使用され、クッション性・グリップ力に優れています。
なので、言うまでもないですが、とにかく歩きやすい+疲れにくい。
デザイン上、甲部分が覆われているため足をホールドする力も強く、「サンダルとは思えぬ履き心地」なんて謳い文句が的を得すぎている。

まあサンダルにスニーカーのような履き心地を求めるのは御門違いのように感じますが。
兎にも角にも、自分史上もっとも機能性とツラの良さが共存したサンダルでしたので、その履き心地を是非ご体感いただきたい。

タックの入ったスラックスでしか合わせなかった、あの頃も、
軍パンやらデニムといったコテコテなボトムを好んでいた、あの頃も、
すべて良き思い出。すごい事に、何でも合わせられるというマッチング率の高さ。
いま時期はソックスを履いても宜しいのでは?(自分はやらないけど)

ONLINE STORE』掲載しております。

MAIDENS SHOP 田中

2019/05/08

line