NEWS&BLOG

“MOJITO” SS20 COLLECTION -10TH ANNIVERSARY-

MENS |

 

文豪アーネストヘミングウェイへのオマージュからスタートした “MOJITO(モヒート)”
数々の男たちのための「道具としての服」を世に輩出し、かれこれ10年目の節目となる2020年。
4ヵ月前の世界とは遥かに状況が異なりますが、祝福すべき喜ばしい事柄もちゃんとあります。
当店も移転5周年を迎えたシーズンです。先を見据えましょう。
さて、ブランド10周年を彩るアニバーサリーモデルのご紹介です。

ABSINTH SHIRT Bar.2.0 (Corn Print) / 28,000YEN (EX-TAX)
COL:BROWN
SIZE:M / L

ABSINTH SHIRT Bar.2.0 (Corn Print) / 28,000YEN (EX-TAX)
COL:BLACK
SIZE:M / L

今から約80年前に中毒症状が問題となり、様々な芸術家や偉人達を魅了したことで悪魔の酒と称された「アブサン」から命名されたMOJITO定番のアブサンシャツ。
ボックスシルエットにスクエアカットのサイドスリット付き、開襟という安定して変わらない男心をくすぐるディテールが満載の逸品。
それでいて、羽織ったときに空気を孕んだような軽さと着心地を誇る繊細な一面も。
着方は千差万別。勝手なイメージで恐縮ですが、デザイナー・山下さんのアイコニックなスタイルと言えば、ジャケットの下にBDでもスプレッドでもなく開襟。

ちょっと悪そうな大人が着てそうな柄は、ブランド10周年を記念して特別に製作されたプリント生地。
かつては「リネンのロールスロイス」と謳われたアイリッシュリネンの老舗紡績メーカー・Herdmans社(現在は経営方針が変わりブランドとして存続している、、)のアイリッシュリネンを使用。
品質の高さが突出しているハードマンズのアイリッシュリネンは、艶っぽくハリのある風合いが特徴。未洗いの生地はパリッとしているので、きっと着込み甲斐を感じる方が多いでしょう。
ヴィンテージアロハを彷彿とさせるインパクトの強いプリントですが、リネン特有のシワや退色が見えてくるとクールなことこの上なし。

写真だと視認しづらいですが、所々に「10th Anniversary」の文字が点在。ほとんど柄に溶け込んでおりますが、それが良い。粋な計らいと言うか、大人の遊び心と言うか。
コロナで憂鬱な気分を晴らすべく、モダンなアロハシャツを是非ワードローブに加えてみてはいかがでしょう。

ABSINTH SHIRT Bar.2.0 (Panel Embroidery) / 29,000YEN (EX-TAX)
COL:GREY
SIZE:M / L

ABSINTH SHIRT Bar.2.0 (Panel Embroidery) / 29,000YEN (EX-TAX)
COL:NAVY
SIZE:M / L

アニバーサリーモデルではございませんが、フロント刺繍のアブサンシャツもご用意しております。
織ムラが出やすいコットン生地をベースに、刺繍パネルを前身頃に使用。
フロントボタンを開けたときと閉めたときで印象がガラッと変わりますので、インナーでアレンジしてみてください。

GULF STREAM PANTS / 34,000YEN (EX-TAX)
COL:NAVY
SIZE:S / M / L

綺麗なテーパードシルエットに定評がある定番のガルフストリームパンツは、今季こそマストバイです。
シャリ感のあるサマー向けのリネンウール(50/50)が、率直に良い生地につき。
写真がなく申し訳ないですが「ネイビー/グレー」の2色をご用意しております。
とは言え、グレーに関してはLサイズのラスト1本。
明日にはオンラインストアへ画像を掲載しますので、時間を空けて下記リンクよりお確かめください、、

THE STORE BY MAIDENS ←リンクよりアクセス出来ます。

各種お問い合わせは下記より承っております。
(店頭は平日アポイントのみでの対応となります)

☎:03-5410-6686
✉:shop@maiden.jp

MAIDENS SHOP 田中

2020/04/13

line