NEWS&BLOG

TENDER Co. “TYPE 126 SIDE CINCH OXFORD TROUSERS”

MENS |

 

TENDER Co. より、新型の「TYPE 126」が到着いたしました。

TYPE 126 SIDE CINCH OXFORD TROUSERS (INDIGO) / 48,000YEN (EX-TAX)
SIZE:2 / 3

TYPE 126 SIDE CINCH OXFORD TROUSERS (ECRU) / 39,000YEN (EX-TAX)
SIZE:2 / 3

「TYPE 136*」をベースに焼き直し、アップデートされたモデルが、この「TYPE 126」です。
*深い股上×裾までストレートのワイドシルエット。遥か昔にオックスフォード大学の学生たちが好んで穿いていたトラウザーの形が源流になっていることから、オックスフォードジーンズとも呼ばれている。
ということで、「TYPE 126」は、ややワイドレッグ気味のストレートシルエット。
且つ、ベルトレスのサイドシンチ仕様(10cm程度の調節が可能)になりますので、SSに相応しいマリンテイストを含んだ一本です。

英国はサウスウエスト州・TAUNTONS(トーントン)の伝統的なファブリックを使用。
「11oz」と薄手でざらっとした風合いが特徴のコットンファブリックです。
両者それぞれ、経糸・横糸ともにインディゴもしくは生成りの糸で織られた生地でして、
ちなみに以前ご紹介した「TYPE 431 RAGLAN WALLABY JACKET」と同生地になります。(オリーブの木ボタンも同じ)

(画像はTENDER Co.から拝借しました)
11ozと言うと、デニムにしてはライトオンスにあたりますが、どうでしょう。40’s USN のデニムのような色落ち。惚れ惚れしますね。
「TYPE 130」や「TYPE 132」といった定番デニム(約17oz)とはまた違った経年変化を味わえます。
スタイルも絶妙に異なるので、夏に穿くテンダーとして所持しておいても宜しいでしょう。
ちなみにワンウォッシュされている「RINSE WASH」でどちらもオーダーしておりますので、乾燥機を使用しない限り極端な縮みは発生しませんのでご安心ください。
ストックは残り僅かとなりますので、どうぞお早めに。

ONLINE STORE』 掲載しております。

MAIDENS SHOP 田中

2019/06/16

line