NEWS&BLOG

“An Irrational Element” SS20 COLLECTION

MENS |

 

「An Irrational Element」より、2020春夏コレクションが到着しております。
まだブランドの事をご存知でない方は、下記ブログよりリリースをお確かめください。出来るだけ。

4シーズン目(取り扱い)ともなると、ブランドの長所が手に取るように分かりますね。Kai(デザイナー)はパターンも優れているけれど、オーガニックな素材・色使いが巧い。そしてシーズンカラーを差し込むセンスが卓越しているように感じます。今季は黄色。抜群。それで早速。

EASY VEST – RAMIE / 20,000YEN (EX-TAX)
COL:YELLOW
SIZE:M / L

ひと際 異彩を放つシンプルな構造のベスト。彼はこれをユーティリティベストと説明しているが、まったくユーティリティさに欠けていると思う。強いて言うなら「riri」のダブルジッパーくらいか。(デザイン的には結構効いている) 前身頃の左側にしか付かないアシンメトリーなポケットが特徴的。なぜ双方に配置しなかったか謎ではあるが、デザインされた服って感じが堪らないでしょう。極めつけは生地。織りムラのあるラミーの風合いが良い。その生地の特性も相まって、染色も上手いこと燻んだ色合いに。やはりオーガニックなファブリック、ナチュラルな色彩の洋服にはこの上なく合いそう。スタイリングの主役というよりアクセントに。文字通り、差し色としてポテンシャルの高いベストです。

JERUSALEM SHIRT – COTTON PLAID / 19,000YEN (EX-TAX)
COL:PLAID
SIZE:M

イスラエルはエルサレムのマハネ・イェフダ市場にインスパイアされたPOシャツ。「The Shuk」とも呼ばれるこの市場は観光客にも人気が高いらしく、なかなかの規模感だそう。そんな事はさておき、日本のとくにメンズファッションシーンにおいてはあまり馴染みのないスタイルのシャツかと。チュニックと言うべきか。このエルサレムシャツ、身幅広めのボクシーなシルエットに太めのアームホールが付けられているので、ストレスなく着用できる上に一枚でも様になります。こう言っておいて何ですがインナーとしても有能。フロントに前立てがないだけでシャツとの差別化を図れるわけでして。この見た目で? なんてのはご法度。実のところ汎用性はかなり高い。イタリアで織られたコットンリネンブレンドの生地がこれまた良い。

JERUSALEM LONG SHIRT – RAMIE / 23,000YEN (EX-TAX)
COL:OLIVE
SIZE:M / L

エルサレムシャツの「ロング」丈仕様となるコチラは肉のあるラミー生地を使用しており、グランパシャツとも言えない独特な雰囲気を持った一枚。ワイド~ワイドテーパードのボトムとの合わせが良さそう。サイドシームに沿って腰位置あたりにポケットが付きます。(どこかで聞いたような、、*APPLETREES
そうそう、ワイドなアームにも関わらずカフスがないので袖捲りがオススメです。生地が巧いこと溜まる。レギュラー丈のCotton Plaidも同じ。

SIMPLE TROUSER – LINEN BLEND / 25,000YEN (EX-TAX)
COL:NATURAL
SIZE:S / M

お得意のベルトレストラウザー。今季はリネンブレンドのイタリアンコットン生地にて。ライトウェイトなので真夏でも快適に穿けそうです。薄っすら忘れつつありますが、トラウザー専業ブランドとして駆け出したブランドなだけあり、作り・シルエットは至極優秀です。ワンタックにフロントジッパー、ヒップのダーツにインシーム脇割りと語る要素が多すぎる。ちなみに、ヒップポケットのスクエアフラップはシグネチャーディテール。で、シルエットはワイドテーパードにショートレングス。下のデザイナー本人のスタイリングを参考に。
ベルトレスにノーアジャスターとネガティブ要素満載な仕立てですが、ウエストは実寸で言うと両サイズともにゴールデンサイズかと。私(普段31インチ)はSサイズでウエストジャストのレングス9分丈ほど。シンプルトラウザーという事で、シンプルにオススメです。

彼がデザイナーのKai。心優しい男。ベストとトラウザーの合わせ良いですね~。ちなみにこのコートも入荷しておりましたが、ご紹介前に完売となりました。お、履いている靴「ERKN」ですね。

コチラでもベストとトラウザーの合わせが。眩しそうにしているのはご愛嬌ってことで。コートメインで申し訳ないですが、重ねたときのイメージソースにでも。それとお気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、価格帯が大幅に下がりました。不穏な世の中ではございますが、しかも些細な事ではございますが、この機会に是非飛びついてみては。コスパ重視でランクダウンさせたわけではないのでご安心あれ。
9.10日と土日は休業となりますので、お気をつけください。それではまた来週~。

“THE STORE BY MAIDENS“
(OUR ONLINE STORE)

☎:03-5410-6686
✉:shop@maiden.jp

MAIDENS SHOP 田中

2020/05/08

line