NEWS&BLOG

“STA-WEST’S” SS20 COLLECTION

MENS |

こんにちは。牧野です。
外出自粛しているうちに夏はすぐそこまで来てしまったようです。
この気持ち良い気候のうちに出掛けたいところですが、もう暫くは我慢しなければ。。頑張りましょう。

さて本日は我々の定番とも言えるアイテム「デニム」について。
このBLOGをご覧いただいている皆さんはおそらくご存知かと思います。
2017年よりコレクションをスタートしました”WESTOVERALLS”。
デザイナーである大貫達正氏のファッションの原点である「デニム」を中心に、”ファッション”としてではなく、あくまで”プロダクト”としてデザインされたアイテムを毎シーズンリリースしています。
そんな”WESTOVERALLS”より派生し、大貫氏のよりパーソナルなコレクションで構成されている新ラインである”STA-WEST’S”をご紹介致します。


【STA-WEST’S (スターウエスト) 】
DESIGNER:Tassei Onuki
2019SSローンチの、WESTOVERALLSから派生した新コレクション。
敢えてヴィンテージの要素は落とし込んでいなかった”WESTOVERALLS”のデザインをベースに、大貫氏のコアであるヴィンテージとネイティブアメリカンの要素をミックスしデザインされている。


幼少期よりデニムに目覚め、小学生の時にはお年玉を貯めてLevi’s 501 BIG E を購入したと言う大貫氏。
そこから現在に至るまでLevi’sを始めさまざまなヴィンテージデニムを蒐集し、実際に毎日のように穿いているそうです。
僕も実際にヴィンテージデニムのコレクションを見せていただいたことがあるのですが、とにかく「凄い!」の一言。
そして30年代のバックルバックやXXのバキバキのモデルを普通に穿いてしまう事も凄い。(僕だったら勿体なくて穿けないかも…)
また、好きが高じて実際に何度もネイティブアメリカンのルーツであるアリゾナやニューメキシコを訪れるなど、その偏愛?溺愛?これもまた凄い。
実は昨年アリゾナ、ニューメキシコに一緒に連れて行ってもらい、上の写真はその際にナバホ族の聖地「モニュメントバレー」にて撮影したものです。神聖なるモニュメントバレーの朝日。

話が逸れましたが、”STA-WEST”とはそんなデザイナー大貫氏が本気で好きなもの”だけ”を作っている、ある種趣味のようなコレクションです。

EMBROIDERY STA-TRACKER JKT DENIM / 38,000yen(ex-tax)
COL : L.INDIGO / L.BLACK
SIZE : F-Type

今シーズンの代表作である刺繍入りのトラッカージャケット。
大貫氏が所有するLevi’s 70519 ピケジャケットに刺繍されていたショートホーンのモチーフを、STA-WESTのトラッカージャケットに贅沢に刺繍。
ヴィンテージではまず出てこないであろうこのモチーフに加え、たっぷりと身幅を取ったシルエット。

BUFFALO T-SHIRT / 10,000yen(ex-tax)
COL : WHITE / NATURAL / GRAY
SIZE : F-Type

ジャケットと同じモチーフを刺繍したTシャツ。ボディは丸胴です。
プリントでなく刺繍というところが非常に贅沢でツウ好みなデザインです。
またサイズ感も計算されており、若干長めの着丈は洗っていくうちに縦に縮みが入りバランスが良くなります。

ジャケット、TシャツともにサイズはF-Typeのワンサイズ。
男性でも女性でもゆったりと着られるサイズ感です。

NW×WEST’S THUNDERBIRD C.CORNER / 18,000yen(ex-tax)

NW×WEST’S ARROW C.CORNER / 24,000yen(ex-tax)

最後にこちらはWESTOVERALLSからのリリースですが、STA-WEST’Sとの相性が非常に良いので。
日本人にはあまり馴染みのないカラーコーナー。
実はヴィンテージのインディアンジュエリーでも存在するんですが、かなりレア。
昨年アリゾナ、ニューメキシコを周った中でも数えるほどしか目にしませんでした。
そんなニッチなアイテムに着目し、質実剛健なモノ作りに定評のあるジュエリーブランドNORTH WORKSとのタッグにより商品化されたアイテムです。
(NORTH WORKSさんのインディアンジュエリーに対する造詣の深さも半端ではありません!)

これからの季節のシャツやジャケットの襟元にいかがでしょうか?
ヴィンテージのような佇まいのサンダーバードに、現地にて買い付けたハイグレードのターコイズの組み合わせ。

本日のご紹介は以上になります。
“WESTOVERALLS”と比べると一癖も二癖もあるマニアックなアイテム展開になりますが、大貫氏の造詣の深さが伺える玄人好みなコレクションかと思います。
是非、ご覧下さい。
各アイテム詳細などはONLINE STORE からご確認可能です。

“THE STORE BY MAIDENS“

☎:03-5410-6686
✉:shop@maiden.jp

MAIDENS SHOP 牧野

2020/05/11

line