NEWS&BLOG

Tender Co. “431 RAGLAN WALLABY JACKET”

MENS |

 

こんにちは。牧野です。

大幅に入荷の遅れておりました、Tender Co.のジャケットが届きましたのでご紹介させて頂きます。

楽しみにされていた方、こんなタイミングになってしまい申し訳ございません。

431 RAGLAN WALLABY JACKET(RINSE WASH) / 56,000yen(ex-tax)

先に入荷しておりましたシャツと同じく、今季のTenderを象徴するラグランスリーブのワラビージャケット。
シャツと同様に着丈の短いボクシーなシルエットが特徴的です。

ベースとなるファブリックは『Cotton Tauntons』と言う、英国サウスウエスト州の街TAUNTONSにて伝統的に織られていた11ozのファブリック。

こちらのジャケットは経糸、横糸ともにIndigo糸を用いて織られた生地が使われています。

Tenderらしいと言いますか、ブランドを象徴するようなカラーリングです。
経年変化も楽しみです。

431 RAGLAN WALLABY JACKET(WALNUT DYE) / 49,000yen(ex-tax)

続いてこちらは、Indigo×Ecruの糸で織られた生地を、Tenderではお馴染みのWalnut Dyeで染め上げた逸品です。

ブラウンがかった黒とインディゴカラーが混ざり合った、絶妙な色合いに仕上がっています。

今シーズン使われているWalnut Dyeは『Black Walnut』と呼ばれ、レオナルドダヴィンチやレンブラント、アンソニーヴァンダイクなどの芸術家達もこのクルミから取られた描画インクを使用していたほど長持ちするカラーであり、当時は囚人の髪を染める染料としても使用されていたようです。

どちらのカラーもボタンには耐久性に優れたオリーブの木を削ったボタンが採用されています。

着丈が短く汎用性の高いシルエットです。

173cm58kgの僕がサイズ4を着て、ややゆったりのサイズ感。身幅は広いので中にも着込めます。

今の時期はホワイトのパンツなんかで爽やかにまとめてあげるのも良いんじゃないでしょうか。(着用モデルが爽やかではないですが…)

Tenderのジャケットはシーズンも何も関係ないと思いますので、秋まで見据えていかがでしょうか?
是非お試しください。

ONLINE STORE 掲載しております。

 

MAIDENS SHOP 牧野

2019/05/12

line